English
講座紹介文

  • 加納 将行助教が2018年度日本地震学会若手学術奨励賞を受賞しました。 受賞対象研究は「データ同化に基づく断層すべりの理解・予測と波動場推定の高度化に向けた研究」です。 詳しくはこちらをご覧ください。

  • 廣瀬郁君の論文がGeophysical Research Letters誌に受理されました。 Takashi Hirose, Hisashi Nakahara and Takeshi Nishimura, A passive estimation method of scattering and intrinsic absorption parameters from envelopes of seismic ambient noise cross‐correlation functions 詳しくはこちらをご覧ください。

  • 高野智也君(D3)の論文がJGR誌に掲載されました。 Tomoya Takano, Takeshi Nishimura, Hisashi Nakahara, Hideki Ueda, Eisuke Fujita Sensitivity of seismic velocity changes to the tidal strain at different lapse‐times: Data analyses of a small seismic array at Izu‐Oshima volcano 詳しくはこちらをご覧ください。

  • 2019年3月11日から3月21日まで、中原准教授、江本助教が、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(米)を訪問し、Prof. Tanimotoや事務担当者と大学院生の共同指導に関する打ち合わせを行いました。また地球科学科地球物理学部門のセミナーで研究発表を行いました。

  • 平成32年度地球物理学専攻大学院入学試験の情報が公開されました。詳細は以下のページをご覧ください。 大学院入試説明会 大学院入試案内

  • 加納助教の論文に関する記事がNational Geographic誌に掲載されました。詳しくは、英語版:こちら。日本語版:こちら

  • 加納助教の下記の論文がJGR Solid EarthのResearch Spotlightの(Journal Highlights)に選ばれました。詳しくはこちら
    Research Spotlightをご覧になるにはこちら

  • 寒河江皓大君(M2)による発表「MUSIC法を用いた紀伊半島周辺の深部低周波微動のアレイ解析」2018年度地震学会学生優秀発表賞に選ばれました。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 郡山市で開かれた2018年度地震学会秋季大会(10/9-11)で、寒河江君(M2),柴田君(M2),石原君(M1)と中原准教授,江本助教,加納が発表をしました

  • 秋田市で開かれた2018年度火山学会秋季大会(9/26-28)で、Hasib君(D2), Permana君(D1), 石川君(M2),松野君(M1)と西村教授,小園准教授が発表をしました

pagetop